アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

話の食い違い。

交際中のステータス5人の中で、2次面接のトップバッターは、小川さんでした。
私の直近の土日が阿部さんと、遠藤さんの2次面接で埋まっていたため、小川さんには申し訳なかったのですが、平日の仕事帰りで調整してもらいました。

それにしても、小川さんは他の方たちと違い、紹介が配信された当日にコンタクト成立&コンタクト日程が確定、ファーストコンタクト後の回答も即回答されたように、2次面接の日程決めや、お店決めなどもサクサクッと決めていかれるので、こちらとしてはとても楽でした。

ファーストコンタクト後の回答では「NO」回答しようとしていたけれど、あの時コンシェルジュさんの言葉で思い止まって良かったのかもと思うようになり、小川さんに対してやや好感度が上がりつつ、2次面接の日を迎えました。

お店は、遠藤さんと、加藤さんのファーストコンタクト時に使った飲食店フロア内で当日決めることにしていたので、合流した小川さんととりあえずフロアを一周回ってみて決めようとしましたが、私がなかなか決められないでいると、小川さんが「ここにしませんか?」と決めてくれました。

入ったお店は、カフェスタイルの和食のお店。
居酒屋ではないので、お酒のメニューは数種類しかありませんでしたが、せっかくなのでお酒も頼む事にしました。

お酒は選択肢が少なかったのですぐに決めることが出来ましたが、食事のメニューは豊富にあり、私は普段からメニューを決めるのに時間がかかるタイプなので、小川さんに「メニューは早く決められるタイプですか?」と聞くと、「僕は結構すぐに決めちゃいますね」とのこと。
それを聞いて“やべー早く決めないと;”と焦ってしまい、さらに決められなくなってしまったので、とりあえず店員さんを呼んで、頼む直前に直感で決めることにしました。

無事頼み終わると、さっそく小川さんと話し始めました。
前半は、私が回転寿司が好きで、よく一人回転寿司に行くという話をしたことから、実は小川さんもよく回転寿司に行かれるということで、回転寿司ネタで盛り上がり、小川さんとは猫好き以外に共通点がないと思っていたので、思わぬ共通点を発見できてうれしかったです。

途中それまで表面的な話題しか出なかったので、思い切って婚活を始めたキッカケを聞いてみたところ「前の彼女と別れて、他に出会いがなかったから」と言っていたので、その彼女との馴れ初めを聞くと「会社の取引先の人から紹介された」とのことでした。

その女性は、社長令嬢で育ちが良かったらしく「何でも自分の思い通りにならにとダメな人だったんですよね…」とバツが悪そうに言っていたので、これ以上は聞かない方が良さそうだと思い、話題を変えて、それ以降は、盛り上がるまではいかなかったものの、特に沈黙になることもなく、和やかに時間が過ぎていきました。

今回小川さんとお話した中で、一つ引っかかる点がありました。
それは、私がファーストコンタクト後に小川さんをNO回答しようと担当コンシェルジュに相談した時に『小川さんは私と別れた後すぐにYES回答をし、さらに担当のコンシェルジュに連絡して、私とのことを前向きに進めたいと言っていた』と聞いていたので、小川さんに「コンシェルジュの方にはよく連絡しているんですか?」と聞いてみたところ「自分から連絡した事はないですね。あっちから1回だけかかってきたくらいかな」と言っていました。

・・・おや?聞いていた話と違うのですが;;(´・ω・`)

結婚情報

広告を非表示にする