アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

通関士なのに年収が低いわけ。

今年の8月~の婚活から、お会いする人は年収700万円以上の方と決めていた私ですが、先日の早とちりにより、年収450~500万円のOさんとコンタクトが成立し、本日お会いしてきました。

待ち合わせは14時で、場所はシステムの待ち合わせ場所候補の中から私が選択した駅のとあるビルの喫茶店の前でした。駅からそのビルまでは5分ほどでしたが、少し余裕を持って15分前には駅に着き、地下道から目的地を目指しましたが、私が思っていたところに喫茶店はなく、案内板を見ると喫茶店は1Fにあるとのことで、地下からエレベーターで地上に出ましたが、あたりを見回しても喫茶店は見当たりません。

焦ってあたりをウロウロしている間に待ち合わせ5分前になり、慌ててファーストコンタクトセンターに電話しました。
ファーストコンタクトセンターというのは、現時点でお互い連絡先を知らされていないため、待ち合わせ当日に遅れる連絡や、待ち合わせ場所に着いてもお相手を見つけられない時にこのファーストコンタクトセンターを介してお相手に連絡を取ってもらうことが出来ます。

電話口の担当の方に、そのビルに着いたものの喫茶店が見つからない旨を話し、「とりあえずビルの中に入ってみてください」と言われたので、正面玄関を入ると右手に喫茶店が見えました。
その入り口前に男性が立っており、一目で本日お会いするOさんだという事がわかりました。

Oさんの見た目は、写真の印象とほぼ変わりませんでした。
「Oさんですか?初めまして、よろしくお願いします!場所わかりにくかったですよね。こんな場所を指定してしまってすみません。」と挨拶をして、目の前の喫茶店に入りましたが、あいにく満席。。。
仕方ないので、少し歩いて別のビルの喫茶店に入りました。

今まで利用していた婚活サイト等では、初めてお会いするまでにまずはメールのやり取りをして、その流れで“お会いしましょう”ということになるので、メールの感じでだいたいどういう人なのかがわかるのですが、ゼクシィ縁結びカウンターは、お相手と会うまで何もやり取りしていない状態でいきなりお会いすることになります。

私はこれまでの婚活で初めてお会いすることに多少は慣れていたものの、メールのやり取り無しで会うのは初めてだったので、今回はいつもよりちょっとだけ緊張しましたが、一旦話し始めるとあとはいつもと同じ感じで話せました。
ファーストコンタクトは1時間程度と決められているのですが、話し始めて1時間20分程経ったところでお互いの飲み物もちょうどなくなったので、お開きになりました。

帰りにOさんが、「僕は普段人見知りをして上手く話せないことが多いのですが、lalabeeさんがとても話しやすい感じで話してくれたので今日はとても楽しかったです。」と言ってくださいました。

私のOさんへの印象は、いたってフツーでした。
私が一番気になっていた通関士なのに年収が平均よりずば抜けて低い理由は、元々東京の会社で就職したのではなく、地元の会社に新卒で就職し、6年前に異動で東京に来たと聞いて、給与も地元基準だから低いということがわかりました。

■Oさんの良いと感じた点
猫好き、タバコ嫌い、真面目そう、穏やか

■Oさんの気になる点
年収が全然足りない、お酒がまったく飲めない

ファーストコンタクト後は、翌日までに今後も会うか、お断りするかの選択をしなければなりません。
お返事は、明日コーディネーターさんと相談して決めようと思います。

ゼクシィ縁結びカウンター