読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

勘違いの苛立ち。

私がQさんとのファーストコンタクト後の回答を「YES」で出したのは一昨日の夕方頃。
その後、その日までだった回答期限を過ぎて、昨日も今日も、マイページ上でのステータスは、お相手の回答待ちの状態のままでした。
女性に返事を待たせるというのは、Qさんの最大の長所である「紳士的」とは真逆の行為です。
Qさんは、ファーストコンタクト成立後の日程調整を一週間放置した前科があったので、“またか…。”とQさんのレスポンスの遅さにやっぱり失礼な人だなと思い始め、せっかちな私は、あと数日待ってみて返事が来なければ、Qさんに出した「YES」の回答をキャンセルしようと思っていました。

コーディネーターさんからメールが来たのは、今日のお昼頃。
「ゼクシィ縁結びカウンターより交際成立のご連絡です。」という件名でした。
さっそくコーディネーターさんに連絡し、回答期限を過ぎてからの返事について詳しく聞いてみたところ、交際成立の連絡が今日になったのは、ファーストコンタクト後の回答が私とQさんの担当者間で止まっていた可能性があり、お互いの担当者の確認を経て交際成立となり連絡先が開示されるので、昨日(火曜日)は相談所の定休日だった事もあって連絡が遅れた可能性が高く、Qさんのせいではなかったことが判明しました。


…Qさん、ごめんよw( ゝω・´☆)
今思うと、Pさんがファーストコンタクト時にその場で連絡先を交換しようとしたのはこの担当者間の確認に待たされる時間を省くためだったのだと思います。

というわけで、この度私とQさんはファーストコンタクトをクリアし、次のステップ「トライアルデート期間」に移行したようです。
ただ、ネットでググると、トライアルデート期間に移行したのに一度も会わずに終わるケースも結構あるみたいなので、基本自分から誘おうとしない受け身な私は、Qさんとはなんとなーくそうなるような気もしています(^。^;