読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

初面接でハンバーガー屋を提案する男;

 今日は、先月の中旬から婚活サイト経由でメールのやり取りをしていた航空会社勤務のVさん(34)と初面接でした。

Vさんは、やり取りをしている中で「お恥ずかしい話ですが女性とお付き合いをする機会があまりなく~」と言っていて、女性慣れしていない感じだったのに、事前にお店を決める時「お店は僕に任せてください!」と張り切っていたので嫌な予感しかしていなかったのですが、その予感が的中し、数日後Vさんが自信満々で提案してきたお店は、アメリカンスタイルのハンバーガー屋さんでした。

初対面で大きな口を開けて食べなければならない食べ物をチョイスするあたりがまったく女心がわかっていないですよね;
キレイに食べられないし、どんなにキレイに食べたとしても多少なりとも絶対口元が汚れると思うんですよ。
かつ、私は最近婚活のストレスで今週ずっと吐き気が続いており、そんな肉々しい食べ物は胃が受け付けません;

会う前の段階ですっかりモチベーションが底辺まで下がってしまった私は、お店を変更してくれないかなぁと期待して、「今週胃の調子があまり良くないので、私はドリンクだけにしようと思ってますが、Vさんは気にせず食べてくださいね」と送ってみたものの、女心がわからないVさんはもちろんそれを察してはくれず、予定通りそのハンバーガー屋に行くことになりました。

サイトのプロフィール写真では、Vさんの顔はまったく私のタイプではありませんでしたが、待ち合わせ場所にいた実際のVさんは、写真よりもカッコよく、私服もオシャレで私の好みでした。

Vさんは普通にハンバーガーを頼み、私は結局サイドメニューのサラダとスープを頼んだのですが、Vさんは食べている途中で、案の定ハンバーガーから出てきた肉汁をボタボタと豪快に自分の服にこぼし、恥ずかしそうにそれを慌てて拭いていましたw

・・・ほらね、まぁそうなりますよねε-(‐∀‐;)
アメリカンスタイルのハンバーガー屋さんは、決して婚活の面接の場で行くようなお店ではありません。
まぁこれで彼は身をもって初回にハンバーガー屋はNGだという事を学んだのだと思います。

食事中は、緊張しているのか、Vさんの口数は少なく、私も頑張って話を振ってみるものの全然会話が弾まず、沈黙も結構あったりしてこりゃダメだと思い、早々に適当に理由を付けて帰ろうかと思いましたが、最初は暖かかったテラス席の暖房が効かなくなり、次第に寒さに耐えられなくなったので、とりあえず喫茶店で温かい飲み物でも飲もうかという事になりました。

喫茶店を探しつつ歩きながらお話していると、なんとVさんは弁当男子ということが発覚w
毎朝会社で食べるお弁当を自分で作っているそうです。
弁当男子って本当にいるんですね!( ゚д゚*)