読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

正反対な2人。

今週末はSさん(40)と4次面接、来週末はVさん(34)と2次面接が控えています。
現在進行形のSさんとVさんは、性格が真逆なので、自分にはどっちの方が合うのかなぁと最近悶々と考えています。


■マメなVさんと、非マメなSさん

A型でマメなVさんは、普段からたわいもないメールが来るので、面接までまだ一週間以上もあるというのに、すでに来週の面接の内容と待ち合わせ時間も決まりました。
そんなに親しくない人とたわいもないメールをするのは正直面倒くさいのですが、その分会わない間の安心感があります。

それに引き換え、B型で非マメなSさんは、今週面接なのにも関わらずまだ待ち合わせ時間すら決まっていません。
私は男女問わずよほどの用事がない限り、メールは“来たら返す”というスタンスで、自分からメールをする事はほとんどないので、Sさんと最後にメールをしてから今日で丸々一週間が経ってしまいました。。

Sさんとはあまりメールをしなくて良いので楽な反面、果たしてこんなにやり取りをしなくて良いものなのかとも思えてきました。
特に今回は、前回の面接から2週間も空いたので、その間に心変わりしてドタキャンされないかとか、次の面接にあまり意欲がないのかなとか、メールがないならないで心配になります。
同時期にVさんから頻繁にメールが来るので、なおさらそう感じるのかもしれません。


■決め決めなVさんと、行き当たりばったりのSさん

Vさんは、事前に面接のプランや行くお店を決めようとします。
決めてくれるのは良いのですが、初面接の時のように、複数の候補を出さずにVさんが選んだお店一択で、私がその日の体調や気分でそれが食べられなかったりした場合に融通が効きません。

一方Sさんは、行くお店やプランなどは事前に決めずにその場のノリや気分で決める人です。
私としては、それはそれで少しは考えて欲しいし、婚活相手として軽く見られているのかなとも思うのですが、実際にその時の気分や体調で私に意向を聞いてくれるので、結果的にその時に一番食べたいものを食べることが出来ます。


■全額ゴチ派のVさんと、割り勘派のSさん

Vさんとはまだ1回しかお会いしていませんが、初面接のランチとお茶はどちらも全額ゴチでした。
Sさんとはもう3回もお会いしているので、お会計のシチュエーションが何度もありましたが、一度たりとも全額ゴチになった事はありません。

私は、少し前まではデート代は男性が全部出すものと思っていました。
なぜなら、私が男だったら絶対に自分より年下の女の人にお金を出させるような事はしないと思うからです。
私が九州で生まれ育った影響もあるかもしれませんが、婚活をしていて割り勘の人に遭遇する度に、この人は男として恥ずかしくないのか?と疑問に思っていました。

でも、最近になって割り勘ならではのメリットがあることに気付きました。
それは、婚活のような次に会うかどうかもわからないような人に奢られてしまうと、いざお断りする時に罪悪感が生じ、本来は他の理由で1回で切るべき相手だったのに、奢ってもらったことによって変にその人に対する基準が甘くなり、判断が鈍るということと、いつもゴチになっていると、なんとなく自分の意見が言いにくくなり、相手に“したいことや行きたいお店、頼みたいメニューを決める権限を譲らなくてはならない”というような義務感が発生し、面接をするうえで肩身が狭くなってしまいます。

また、奢られた場合、帰宅後のお礼メールを相手よりも先に送らないといけないというプレッシャーが私には結構しんどかったりします。
そんなに楽しくなくて、そんなに行きたくもなかったお店でも、奢られてしまった以上礼儀として「楽しかったです。ありがとうございました!」という自分の意に反するメールを自分から送らなくてはならなくなるので、それがとても億劫なのです。

割り勘であれば、そんな義務は発生しません。
相手からお礼メールが来たら、こちらが返したいタイミングで返せばよいので、自分の“来たら返す”というスタンスを崩すことなく、帰宅後も楽に構えていられます。
矛盾しているのですが、全額ゴチの願望はありながらも、実際私には割り勘の方が性に合っているような気がします。


・・・というわけで、この先もしかしたら逆転や新規参入もあるかもしれませんが、総合的に考えて、今のところやはり私の中で本命はSさんなのかなと思います。