読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

遅刻してきた時の態度。

電機メーカー勤務のWさん(34)

前回のブログで予告した通り、昨日はSさんとの4次面接、今日はWさんとの初面接でした。
このブログは基本的に時系列で書いているので、Sさんとの4次面接の事から書きたかったのですが、とても長くなりそうなのと、そんな元気が今は無いので、先に今日初面接をしてきたWさんの事からサクッと書こうと思います。

コーディネーターさんからの紹介で申し込みをしたWさん(34)は、電機メーカーに勤務されています。
プロフィールを見る限りでは、同年代だし、猫好き+性格も温厚で、お写真も誠実そうな印象だったので、珍しく初面接に少し期待をしていた方でした。

15分前に待ち合わせの駅に着き、トイレで身だしなみを整え、5分前に待ち合わせ場所に着きましたが、Wさんらしき人はまだいませんでした。

これまで相談所経由でお会いした方は、だいたい5分前にはいらっしゃったのですが、5分前にまだいないパターンは今回が初めてでした。
待ち合わせ時間まで3分、2分と近づくごとに、“もしかして違う場所で待っていたらどうしよう;場所がわかりにくかったのかなぁ…”とだんだん不安になってきました。

待ち合わせ時間を過ぎたところで、ファーストコンタクトセンターに電話をし、「お相手が時間を過ぎてもまだ来ていないのですが、何か連絡入っていませんか?」と聞くと、「サイトのマイページ上から“本日のコンタクト予定”をクリックすると、自分の電話番号が表示されることなく、お相手の電話番号につながりますよ。」と言われたので、“そんな機能あったっけ?”と思いながら改めてマイページを見ると、やはりどこにもそんな表示がされておらず、再度ファーストコンタクトセンターに電話しようとしたところで、5m程先にWさんらしき人がいるのを発見しました。

目が合ったので、「Wさんですか?」と聞くと「はい、lalabeeさんですか?」と聞かれ「はい、初めまして!今日はよろしくお願いします」と笑顔で挨拶すると、「すみません、地下鉄から来たので場所がいまいちわからなくて…エヘヘ」と言われました。
結局Wさんが来たのは、待ち合わせ時間を5分ほど過ぎた頃でした。

たしかに私が待ち合わせ場所に指定したのはJRの改札を出てすぐのところなので、地下鉄から来てあまりこの駅に来たことがない方はわかりづらかったというのもわからなくもないですが、それを見越して余裕を持って駅に早めに着くようにするなど、対策は出来たと思います。

また、Wさんは最近入会された方というのは知っていたので、こういった待ち合わせに慣れていなかったというのもわかります。
でも、慣れていないからこそ入念に準備しようとするのではないかとも思うし、最低限「すみません」と謝ったのは良いのですが、その後の「エヘヘ」が本当に申し訳なく思っているようには見えず、ちょっとイラッとしました。

Wさんの顔は、プロフィール写真とほぼ同じでしたが、服装がウインドブレーカーのようなパーカーの下に、チェックのシャツ+チノパンという“これからアウトドアにでも出かけるのかな?”というラフすぎる格好。(´・ω・`)
私は今日この人との初面接のために、髪を編みこんで毛先はカールアイロンで巻いて、ネイルを塗り、普段しないイヤリングを付けてオシャレをしてきたのかと思うと、なんだか空しくなりました。。