読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

金銭感覚の違い。

税理士のSさん(40)

Wさんの初面接と書く順番が前後してしまいましたが、先週の土曜日は本命Sさんとの4次面接でした。
Sさんと事前に決めていた4次面接の内容は、どこかで適当にランチをして、猫カフェに行こうということでした。
当初はお寿司を食べに行く予定でしたが、お目当ての猫カフェがある駅に良さげなお寿司屋さんがなかったので、お寿司はまた次回ということになりました。

2次面接の前日の状況と同じく、かなり前に日にちだけは決まっていたものの、その後Sさんから待ち合わせ時間と場所を決める連絡が一向に来なかったので、今回も前日に私から「明日の待ち合わせ時間と場所どうします?」とメールをすると、その3時間後に返信が来て、今回もようやく場所と時間が決まりました。。
まぁきっとSさんは、それが平常運転なのでしょう(^。^;)

時間ピッタリに待ち合わせ場所で落ち合い、さっそくランチのお店を探して歩いていると、焼きとんやさんが目に入ったので「私焼きとん大好きなんですよね~!」と言うと、Sさんが「じゃあココにしようか!」と言い、少々贅沢ですが、お昼からお酒と焼きとんのランチになりました。
お会計は2人で3,600円程でしたが、Sさんが3,000円を出して「残りお願い」と言われたので、私は残りの端数を払いました。
この時私は「おー、珍しく今日は気前が良いぞ^^」と思いました。

その後商店街でから揚げ・コロッケ・焼き小籠包などの食べ歩きをしつつ、予定通り猫カフェを1時間×2軒ハシゴし、2軒とも一人1,000円ずつお支払い。
2軒目を出たのは夕方の17時半頃でした。
無事に今日のメインイベントを終えて駅に向かっていると、Sさんから「軽く夕食を食べませんか?」と誘われました。

私はそのお誘いにもちろん快諾しましたが、この時点での私の出費はすでに2,800円程だったので、とっさに高いお店はマズいと思い、Sさんに「乗換え駅にあるチェーンの居酒屋にしませんか?」と提案したところ、「うーん、せっかく初めて降りた駅だし、ここにしかないお店にしませんか?」と言われました。

Sさんは大台を超える高年収の方なので、さすがにチェーン店はお気に召さなかったようです。
でも2次面接の夕食時にSさんが多めに払ってくれて、私は1,000円だけで済んだこともあるので、密かに淡い期待を抱きつつ、結局Sさんが行きたがっていた和食モダンなお店に入ることになりました。

やはり、メニューの単価を見ると少々お高め。 (´・ω・`;)
しかも、Sさんが私に「これどう?」と聞いてくるメニューはどれもそのお店のラインナップの中でも特にお高めのものです。
私は元々夜ご飯は軽く済ませる方だし、お酒とおつまみ程度で良いと思っていたのですが、Sさんは逆にお腹が空いていたようで、私に聞いて反応がよかった物を次から次に注文していきます。
仕方ないので、私は飲み物だけでも安い物にしようと、一番安かった熱燗とハイボールを頼んでチマチマ飲んでいました。

たしかにこのお店は特に調べもせずにふらっと入ったわりには、何を食べてもハズレがなく、本当に美味しい料理ばかりでした。
私がすでにお腹いっぱいになった頃、Sさんが私に「冷酒飲みます?」と聞いてきたので、「獺祭(だっさい)」というお酒を私にも少し分けてもらいました。
“まだ注文するの!?(゜ロ゜)”と思いましたが、Sさんはその後シメに鍋焼きうどんを頼み、一人で完食していました。

・・・あぁ、お会計が怖い><