アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

長期戦を悟る。

いよいよお会計の時が来ました;;

入店時からずっと気になっていたお会計は、2人で9,600円程でした。。
私は“えーっそんなにするんだ!?”と内心ビックリしましたが、Sさんは私に「○○円でいいよ」など特に何も言わずに1万円札をテーブルに置いています。

この無言のプレッシャーを受けた私は、最後の鍋焼きうどんは完全にSさん一人で食べた事を考慮して、4,000円をSさんに差し出したところ、Sさんはそのうち3,000円を受け取りました。 (´・ω・`;)

夕食代9,600円のうち、私が払ったのは3,000円。
おそらくSさんは十分自分が多めに払ったと思っているでしょう。
しかし、この日私が4次面接に使った他の出費を合わせると、合計5,800円(交通費別)にもなります。

私は一人暮らしを始めた15年前から毎日家計簿をつけているのですが、相談所の月額17,000円を払うだけでも赤字 or カツカツなのに、それに加えてたった1回の面接で5,800円も使っていたら、まず生活が成り立ちません。
ちなみに、Sさんと1ヶ月間で1次~4次面接までに使った合計金額は、13,000円(交通費別)を超えてしまいました。。

肝心の、Sさんと夕食時にお話しした内容ですが、Sさんとは2次面接の大晦日以来なかなか踏み込んだ話をしておらず、今回ももう4次面接だというのに相変わらずたわいもない話しかしていなかったので、お酒の力も借りて、勇気を出して私からぶっ込んでみました。

「Sさんってどのくらい彼女いないんですか?」

すると、「うーん、結構いないよ」との返答。
・・・はい、濁されました(^_^;)
このグレーな返答をされると、もうそれ以上の事は聞けなくなったので、一旦私の失恋話にシフトチェンジすると、Sさんは「女の人はよく上書き保存をして、男の人はフォルダ保存するっていいますよね」とだんだん話に乗ってきたので、その流れで再度ぶっ込んでみました。

「Sさんって失恋したことあります?」

すると、「あるよー!何年生きてると思ってるの?(笑)」との返答。
・・・よし、このリアクションはいける!と思い、もうちょい掘り下げてみたところ、どうやらSさんはこれまでに何度か(←ここもグレー;)大きな失恋をしたことがあるようです。


Sさんは続けて「なかなか人を好きになれないんですよねぇ…人を好きになる瞬間ってあります?」と私に聞いてきました。
・・・えーっと、それを言うってことは、残念ながらSさんは現時点で私を好きになっていないということですよね;
初面接以来3回お誘いを頂いて4次面接に至っているので、少なからず好意は持たれているだろうとは思っていましたが、Sさんのこの発言で、まだまだ告白する(真剣交際に進む)段階には行っていないという事がうかがえます。

仮交際期間は、交際が成立してから3か月の猶予があり、それまでにその人と真剣交際に進むか、交際中止をするかを決めなければなりません。
Sさんと私の仮交際期間は今ちょうど1ヶ月が経過したところなので、一応猶予はあと2ヶ月あります。
別に3ヶ月をフルに使って長期戦になること自体は構わないのですが、これまでのように、ダラダラと進展のない面接を続けて出費だけが嵩んでいくのは、私にもう少し生活費に余裕があれば良いのですが、今の経済状況では無理です。

それでもなんとか貯金を切り崩しつつSさんの面接代にお金をつぎこみ、たとえ見えないライバル達の中から選ばれて真剣交際に移ったとしても、それから順調に成婚退会し、実際に結婚できるかが保証されているわけでもないのに、今のSさんの温度感でその少ない確率に賭けて仮交際を続けていくにはリスクが高すぎます。

・・・というわけで、私はSさんとの仮交際はこれ以上継続できないと判断し、コーディネーターさんにその旨を報告する事にしました。

ゼクシィ縁結びカウンター