アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

明らかに様子がおかしい;

ケーキ屋さんで2時間以上長居をした私たちは、お店を出てトイレへ向かうと、Vさんが壁の案内板を見て、「lalabeeさん、このビルの屋上に庭園があるそうです。ちょっと行ってみませんか?」と言いました。
「へぇ~屋上に庭園なんてあるんですね!あ、でも利用時間が18時までみたいですね。今17時40分なのであと20分しかないけど、とりあえず行ってみましょうか♪」ということで、その屋上庭園に行きましたが、思っていたよりショボいしw一応ベンチはあるものの、風が強く吹いていて寒かったのですぐに退散(^。^;

その後、屋上からエスカレーターで1Fに下りている時ぐらいから、Vさんの様子がおかしくなっていきました。
隣から何度か「ハァー」とか「フゥー」というため息のような吐息が聞こえるので、「ん?何か言いました?」と聞くと「いえ、何も;」と返されます。
でも明らかに目は泳いでいるし、落ち着きがない様子です。

駅の改札まで来たので、私はもしこのまま帰る感じなら例のものをここで渡さないといけないと思い、Vさんに「じゃあ帰る感じですかね?」と聞くと「あ、あの…、…あぁ、でも明日仕事ですもんね;」と残念そうな表情をしたので「あ、夜ご飯どこかで食べます?」と聞くと、「lalabeeさんはお時間大丈夫ですか?」と聞かれたので「私は大丈夫ですよ」と答え、隣の駅で軽く夜ご飯を食べることになりました。

お互いさっきケーキを食べたばっかりなので、そこまでお腹が空いているわけでもなく、とりあえずお酒と軽く何かつまめるお店を探して歩きながら、「どういうお店が良いですか?」とVさんに聞くと、「静かで個室があるようなお店が良いです」と答えました。
“静かで個室・・・という事は、何かあまり人に聞かれたくない話があるのかな?・・・ん?さっきの変な吐息といい、挙動不審な様子といい、これはもしや、、Σ(*゚ロ゚)!?

とりあえず、私はこの近辺で静かで個室があるようなお店を知らなかったので、「ちょっと携帯で調べましょうか」と言い、立ち止まってネットで検索していると、「前から気になっていた隠れバーのようなお店があるので、そこに行っても良いですか?」と言われ、そのお店に向かいました。

お店に着くと、まだ早い時間だったこともあり、お客さんは私たちだけでした。
カウンター席に通され、さっそくレモンサワーと軽いおつまみを注文し、まずはお酒と料理を堪能。
お酒と料理は申し分なく美味しいのですが、そのお店はあまり暖房が効いておらず、特に足がスースーして寒かったので、私は2杯目に焼酎のお湯割りを頼みました。

この時ぐらいから、さらにVさんの様子がおかしくなりました。
お店は寒く、Vさんは氷入りのお酒を飲んでいるにも関わらず「熱い熱い;」と言って顔が真っ赤になっています。
これは体温調節機能が正常に働いていないということだし、変な吐息のペースもなんだか速くなってきており、このままいくと過呼吸でぶっ倒れるんじゃないかとさすがに心配になったので、「Vさん、さっきからなんか様子がおかしいんですけど、大丈夫ですか?」と聞くと、Vさんは観念したかのように重い口を開きました。。

ブライダルネット

広告を非表示にする