読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

盛りすぎる紹介文;;

突然ですが、先日菊川怜さんが結婚しましたね。
私は毎朝「とくダネ!」を見ているので、いつも小倉さんが独身ネタで菊川さんをいじっているのを見て、“なんでこんなにキレイな人がまだ独身なんだろう”と不思議に思っていましたが、先週の4/28(金)の番組内で結婚を発表し、盛大にお祝いされていたのを見て、私も朝からホッコリした気分になりました(*^ー^*)

お相手について、その時は「40代の一般の方」という情報しかなかったのですが、翌日ネットで調べると、早くもお相手の素性が判明しており、なんとその方は、私が以前働いていた会社の社長さんで、社長といち従業員という立場でしたが、ほんの少しだけお話ししたこともある方だったのですΣ(゚д゚lll)
・・・世間って狭いですね;

当時は普通に結婚しているんだろうなぁと思っていましたが、あの才色兼備の菊川怜さんをお嫁さんに出来るということは、プライベートでもさぞ素敵な方なのでしょうね。
私も次にあやかりたい><

さて、私は今月からいよいよパートナーエージェントでの婚活が始まります。
最初の紹介日は、明後日の水曜日です。
昨日コンシェルジュさんから私の紹介文が完成したとの連絡をいただいたので、さっそくマイページから確認したところ、ものすごく良い感じの女性像に仕立て上げられていましたw

パートナーエージェントと、ゼクシィ縁結びカウンターのプロフィールは同じフォーマットなので、ゼクシィに入会した時も、同じようにコーディネーターさんに私の紹介文を書いていただいたのですが、ゼクシィの紹介文はわりと私の等身大に近い書き方をされていたのであまり違和感を感じなかったのですが、今回はあまりにも実際の人物との差がありすぎるのではないかと、不安になりました。

紹介文は修正可能ということだったので、さっそくコンシェルジュさんに連絡し、
「すごく良い感じに書いていただいたのですが、あまりにも良く書かれ過ぎていて、実際にお会いした時にお相手にガッカリされるのではないか?と思うんです;;私はどちらかというと性格的にキツイ方だと思いますし、自己主張の激しい人間なので、この紹介文に書かれてある“柔らかい雰囲気”とか“癒し”の要素などまったくないのに、それを期待していた方にお会いしたとしても次につながらないと思うんですよ。」と相談すると、
「私は前回lalabeeさんと初めてお会いして感じたことを書いたまでですよ。少なくとも紹介文に嘘は書いてないですし、lalabeeさんがご自分で欠点だと思われていることを敢えて紹介文に書く必要はないと思うんですよね。誰でも欠点はありますし、人によってその感じ方も違います。完璧な人というのはいないので、お会いしていくうちにlalabeeさんのそういった部分も受け入れてくれる人がいるかもしれないのに、入口の時点でわざわざ可能性を狭めてしまうのはもったいないです。あくまでもプロフィールの情報をクリアしてお会いしてもらわないことには何も始まらないので。」とのことでした。

・・・なるほど、それがコンシェルジュさんの戦略なのですね(^。^;
私のコンシェルジュさんは、見た目20代後半で若そうな方だったので、初めてお会いした時は正直この人で大丈夫かなぁと思っていましたが、なかなか頼もしい存在になりそうです。

「とりあえずこれで様子を見てみて、実際に何人かと会ってみてフィードバックをし、あまりにもお相手側から“紹介文で書かれていた印象と違う”ということであれば書き直しましょう。」ということだったので、ここはひとつコンシェルジュさんの戦略にお任せすることにしました。

結婚情報