アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

萎びたおじさんからの、男前紳士。

先日パートナーエージェントに入会して、初めてのファーストコンタクトに行ってきました。
しかも、初回からダブルヘッダーという強行スケジュールw
思い返してみれば、ゼクシィ縁結びカウンターの時は、ファーストコンタクト自体が月に1~2件しか決まらなかったので、ダブルヘッダーは今回が初めての経験です。

ファーストコンタクトの所要時間は、だいたい30分~1時間程度と言われているので、1人目から2人目の間隔は、少し余裕を持って2時間半空けることにしました。

お相手のニックネームについて、これまでは1人目のAさんからアルファベット順に付けていましたが、すでに24人目のXさんまで来てしまい、残りがあとYとZしか残っていないため、今回からキリ良く50音順に名字の仮名を付けていきたいと思います。

記念すべき1人目は、IT会社に勤務されている阿部さん(41)。
写真は少しおじさんっぽい感じでしたが、プロフィールの文章を読むと、人柄が良さそうな印象を受けました。

ちなみに、阿部さんは第1週目に紹介された方ですが、コンタクトが成立したのは翌週配信日の夜です。
・・・ということは、翌週の紹介を待ってから回答したと思われます。
いわゆる繰り上げ当選というやつでしょうか(^。^;

私はお相手にYES回答をする時は、遅くても紹介日から3日以内には必ず回答するようにしているので、一週間も回答を放置された時点で今さらコンタクトが成立しても、正直複雑だし、むしろ失礼な人だなと思いました。。

ぶっちゃけこちらもすごく良いと思ってYES回答したわけでもないのにwと、会う前からモチベーションだだ下がりでしたが、回答期限は10日以内で一応期限内での回答ではあったので、コンタクトが成立したからにはお会いしなければなりません。
コンタクト成立後の日程調整はすぐに決まりました。

待ち合わせ場所は、パートナーエージェントもゼクシィ縁結びカウンターの時と同様、同じシステムを使っているので、基本的には女性が指定した駅が優先されます。
ゼクシィの時は土日にそれほど混んでいない駅に設定し、お相手から特にお店の提案がない時は、私が駅近の穴場のカフェまで案内していました。

しかし、私としては、土日の混み具合がハンパない某巨大駅の方が近いし、混まない駅で私が案内したお店にすんなり入るよりも、巨大駅であえてカフェ難民になった方が、その時の対応でお相手の人柄を知れるのではないかと思い、今回は某巨大駅に設定しました。

約4ヶ月ぶりのファーストコンタクトということで、前日の夜は不安と緊張で眠れず、当日の朝は腹痛に襲われるという婚活特有の体調不良w
面接中にお腹が痛くならないように、予め過敏性大腸炎の薬を飲んで、いざ出陣!

時間10分前に待ち合わせ場所に着くと、プロフィールで見た写真よりだいぶ萎びたおじさんが目に入りました。
“え、、、もしやあの人じゃないよね( ̄ ̄;)”
と、一旦その萎びたおじさんを通り過ぎて、ひとまず少し離れた場所に立ち、これで時間になってもそれらしき人が現れなかったら、あの萎びたおじさんで確定かなとその場でしばらく待っていると、逆の方向から来た人に話しかけられました。

「lalabeeさんですか?はじめまして、阿部です。よろしくお願いします!」

そこには写真よりも若々しい男前の紳士が立っていました。

結婚情報