アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

時間感覚の違い(-_-;)。。

上田さんから話題を振ってくれる気配がなかったので、こちらとしては、事前に暗記しておいた上田さんのプロフィールを片っ端から触れていくしかありません。
上田さんは、最近ダイビングにハマッているということだったので、さっそくその話題を掘り下げる事にしました。

すると「えっ!lalabeeさんもダイビングに興味あるんですか?」と素敵な勘違いをし、得意げにダイビングについて話し始めたので、その話で時間稼ぎをしている間に“この話題が終わったら次は何の話題を話そうかな”と頭をフル回転し、たまに自分の話も取り入れながら、ひたすら1時間場を繋げました。

上田さんは、やはり休みがシフト制だったみたいなので、私とは休みが合いません。
休みが合わないと、デートが短時間の食事だけとかになってしまうので、短期間で距離を縮めるのは難しいのではないかと思いました。

また、イベントの時には聞いていませんでしたが、上田さんのお仕事は転勤があるそうです。
そう言われてみれば、これまで婚活で知り合った人の中で、金融系のお仕事をしている人が何人かいましたが、全員転勤があると言っていたんですよね。
これはもうお仕事が金融系と聞いた段階で、転勤アリと思っておいて良さそうです。

あと一つ気になったのが、上田さんはちょいちょい片言になっていたような気がします。
何というか…昔電波少年に出ていたチューヤンのような話し方といえば伝わるでしょうか。

上田さんから「lalabeeさんは、聞き上手だし、話し上手ですね!一緒にいてとても居心地が良いです^^」と嬉しそうに言われましたが、私は普段聞き上手でも話し上手でもありません。
悪気はないのでしょうけど、あなたが場を繋げる努力をしなかったので、私が頑張るしかなかったのです;;

やはり、ほぼ初対面の男女が1時間会話を続けるには、お互いが場を繋げようと努力する必要があり、片方がまったく努力をしなかった場合、もう片方に全負担を強いられることになります。

1時間が経過してそろそろお開きとなった時、上田さんが言いました。
「イベントの時、lalabeeさんとの時間がすごく短く感じたんですよ♪」

・・・そうですか。私はイベントの時も、今も、あなたとの時間はものすごく長く感じましたけどね(-_-;)

考えてみれば、イベントの時、たった10分間の間で何度か沈黙になった相手と、1時間も持つわけがないですよね;
駅で上田さんと別れた後は、ただただ疲労感だけが私に残りました。。

■上田さんの良いと感じた点
お茶代ゴチ。

■上田さんの気になる点
休みが合わない。転勤族。片言(在日?)。色々と感覚が合わない。話していて疲れた。

翌日コンシェルジュさんに報告をし、コンシェルジュさんは「上田さんからはYES回答が来ているんですけど、もしかしたら緊張されていたかもしれないし、もう一回会ってみて答えを出してもいいと思いますよ」と言っていましたが、私はとても上田さんとまた会う気にはなれなかったので、ファーストコンタクト後の回答は「NO」にしました。。

結婚情報