アラサーOLの婚活ブログ

婚活を始めて早くも1年。先日相談所に入会したのを機に、日々の活動記録を書いていきます。

ちぇるちぇるランド。

加藤さんとの面接が予定時間に終わったのは良いのですが、この日は1人目から2人目の間隔が、お相手の都合でいつもより1時間長い3時間半でした。
この日2人目のお相手は、システム管理会社に勤務されている木村さん(37)です。

この方は、以前の記事にも書いたように、去年の12月頃、私がゼクシィ会員だった時に一度コーディネーターさんから紹介されてコンタクトを申し込んだものの、お相手からお見送りされた方でした。

再チャレンジした今回は、配信日の2日後にコンタクトが成立してとても嬉しかったのですが、その後の日程調整と、目印登録の段階で、すでにモチベーションは下がりきっていました。

まず、日程調整では、基本的に女性が指定した駅が表示されるので、男性は女性から提案された日時と場所を選ぶことがほとんどなのですが、木村さんは違いました。
なんと、私が予め登録していた空きスケジュールを一切無視して、いきなり木村さんが自分に都合の良い場所と日時の候補を指定してきたのです。
平日が1日と、休日が1日。平日は、私がまだ就業時間だったので、休日の方しか選べませんでした。
たまたまその日が空いていたので良かったのですが、何とも自分本位(-。-;)。。

それに加えて後日設定された木村さんの目印登録は、「スマートフォンを手に持っています。」でした。

・・・え、ふざけてんの?(´・ω・`)
スマホを手に持っている人なんていっぱいいすぎて目印にならないんですけど;;

そんなこんなで、私は木村さんに対して良くない印象を持ったまま、コンタクトの日を迎えたのでした。

木村さんが指定してきた場所は、とあるホテル内にあるカフェラウンジの前。
私はこのホテルに行くのは初めてだったので、木村さんと別れた後すぐ目的地に向かい、待ち合わせの2時間前には着いてしまいました。

LINEで友人にさっきの加藤さんとの面接の報告をしながら待つこと約2時間。。
待ち時間が長いと、集中力を保つのが難しく、気が緩んでしまうので、やはりダブルヘッダーの時は1人目と2人目の間隔は2時間半がベストだと思いました。

やっと15分前になったので、少し早めにカフェラウンジ前に移動したのですが、その日は、お昼は日差しがあって暑かったものの、夕方にもなると風が冷たく、半袖+スカートで待っているには少し肌寒かったので、“早く来ないかな~><”と思いながら待っていましたが、なかなか木村さんらしき人が来る気配はありません;

とうとう待ち合わせ時間になり、もうドタキャンされるんじゃないかと思い始めた頃、遠くの方からTシャツ+ジーパン姿の木村さんらしき人がニコニコしながらゆっくり歩いて来るのが見えました。

・・・マジか。。。Σ( ̄ロ ̄lllllllllllll)

ホテルのラウンジ前に似つかわしくないその格好で、目印のスマホも手に持ってはいませんでしたが
、顔は間違いなく木村さんです。
近くまで来て私に気が付くと「lalabeeさんですか?会社から来たのでこんな格好ですみません、エヘへ^^」と言いました。

・・・ほほー、これがちぇるちぇるランド品質かー。
木村さんは、私がこれまであまり関わったことのない沖縄出身の方でした。

結婚情報